FC2ブログ
♪上田竜也くんと愉快な仲間達に関するなんやかんや♪
少年倶楽部収録(12/11)
2006-12-12 Tue 23:00
備忘録という名のネタバレです。OA前にそれはちょっと…と思う方は、スルーして下さいね~。そりではポチっとな↓

一週目:プロデューサー 山田涼介、森本兄弟他チビッコジュニア(JJ枠ではないらしい) お題『ごめんなさい』
二週目:プロデューサー Qestion? お題『謎』
ゲスト:タッキー&翼

中丸雄一:ソロ新曲(タイトル、歓声で聞き取れず)、サポート:A.B.C
A.B.C:新曲?(塚ちゃん談)
タッキー&翼:『ダメ』
お手紙:高木ユウヤ⇔有岡大貴

『滝沢くんが謎に思うこと』
MCコーナーにて。「滝沢くんの今一番の謎って何ですか?」と聞かれたタッキーが、躊躇もせずに答えたのが「KAT-TUNの上田くん」(ええーっ!?)「CMで爽やかにギター弾いてる(エアギター披露)のとか謎」横でうんうんと頷く中丸くん。そこはたっちゃんのために反論してあげないと!でもお世話になってる滝沢くん相手にそれはムリだよね。KAT-TUNに愛情たっぷりなタッキーならではのIt's jokeでした。(本気だったらどうしよう・・)

『控えめな情熱』
Jr.のミラクル大作戦への場面転換中での一コマ。A.B.Cの塚ちゃんがツカツカと(笑)マイクスタンドに歩み寄り「A.B.Cの新曲どうでしたかー?」とお伺い。その後、ひとことふたこと喋り(歓声で聞き取れず)最後に一際大きな声で「僕、昨日誕生日だったんですぅー・・結局、おめでとうって皆に祝って欲しかったらしい(笑)控えめな塚ちゃんならではの微笑ましいエピソードだ。

『若手芸人の鑑』
Jr.のミラクル大作戦(ゲストが「認」「否」のカードを挙げるやつ)で藪くんが正統派な、八乙女くんがボケた技を披露したのち、真打登場となったA.B.C河合ふみきゅん。「物真似やりまーす」とおっぱじめた木村くん(拓哉)のあまりにも似てない歌真似で客席と滝翼をドン引きさせた後、後がない状態で始めた松潤の「wish」のフリ真似に場内大爆笑!!!!!!お腹よじれた、確実に腸捻転寸前まで行ったわ!締めに「錦織さんの移動の仕方」というのでもやや受けを取ったのだが、松潤のインパクトがあまりにも強かったため、タッキーから「もう一回やって?」のリクエスト。音響さんも予想していたのか、瞬時に「wish」のイントロが流れ再びNH内を大爆笑の渦に巻き込んだふみきゅん。河合郁人を、若手芸人と錯覚した一時であった。

『繋ぎはHBBで』
場面転換、出、ハケ、ちょっとした隙にHBBを披露する中丸くん。いいともご出演の興奮冷めやらぬ、なのか(笑)因みに新曲のイントロは、石垣くんのピアノ(多分スタインウェイ製!!)に合わせて柱時計の音を奏でる。(これが完璧なのだ!)

『止めるの早いよ』
曲紹介を終え、Jr.くん達を送り出す度、自分もステージに付いて行こうとし、その度に誰かしらに止められる中丸くん。終いには「止めるの早いよ!」とボヤき出す始末。そんなに歌いたかったのね、つかライブ演りたいんだよね・・。(でも小山くんも同じ気持ちだと思うよ?)

『この綺麗な女子は誰だろう?』
と首を傾げたら、藪宏太くんだった。(綺麗~になったねー)藪くんといえば、遂に中丸くんの身長を追い越したね!でも顔の大きさが2/3・・。ヤバいよ中丸くん!ちみだって充分今時のサイズなのに、更に超未来型の子が出てきちゃったよ!!
そんな藪くんの髪型が気になって仕方なかった滝沢くん。本番中に「それ、寝グセ?」と聞いていた。に対して「寝グセを活かした髪型です」と真面目に返答していた藪くん。大先輩相手にボケる訳にもいかず、ってとこかな?

『伊郷アクンは・・』
アクンなのか、アクンくんなのか、で悩む中丸くん。そんなどっちでもいいような事でツッコまれたアクンは、常に首根っこを押えられたような姿勢で、尚且つちょっと怯えた顔で喋るのは何故だろう?

『チビッコが寄って来ない』
そんな悩みを持つ米田くん。チビッコJr.の皆さん、米村のお兄さんはとっても優しい人なんだよ~。仲良くしてあげてね、ぜし!
そんな米村くんは、ミラクルの時突然腕立て伏せを始めたが、何アピだったんだろう?(でもちょっと面白かった)

『Jr.の平均身長って何㌢なんだろう?』
ミラクルの時、恐らくJr.の平均身長に調整してあるだろうマイクスタンドの高さ。太陽くんが喋る段になり、当然低過ぎる位置にあるマイクに気を遣った彼は膝をキュッと曲げて喋り始めたが、お兄さん達に「上げろ上げろ」と言われ漸く自分の高さに調整する謙虚さ。でもそこは天然な太陽くん、自分が喋り終わったら、その高さのまんまさっさとハケてゆき、次に喋りたかった淀川くんか藤家くん(未だに見分けつかず)は天を仰ぎながら口をパクパクするハメに。
そんな太陽くん、ヴィジュアル的には一人前(いやそれ以上だね)の大人なのだが、一言喋った瞬間、そのハイトーンヴォイスに「お前、子供だなー」とタッキーから愛あるツッコミが。

『父さんはやっぱり父さんだった』
何が目的だったのか未だに解らないのだが、北山くんを伴って突然パイプオルガンの横に登場した藤ヶ谷父さん。自分の周りの「謎」な人達について語り出した。先ずはKento Senga.(あ、千賀くんの事ね、ハイハイ)多分、誰かのバックに付いて遠征していた時の事と推測されるが、朝、なかなか起きない千賀くんを根気よく起こし続ける父さんに向って放たれた一言は「う~ん、ぱぴぷぺぽ」・・・・・・流石Kento Senga.そんじょそこいらの高校生とは訳が違いまさーね。そんな千賀くんのお母さんの着うたは、息子さんのソロ曲ですって!
次に話題に上ったのが太陽くん。何と彼は「藤ヶ谷くん、僕仕事だから服買ってきて~」と可愛らしくお願い。パシリにされたと解っていても何とか太陽くんの願いを叶えてあげようと努力する父さんは「S、M、Lどれ?」とサイズを聞いてみた。そこは天然の太陽くん、返ってきた答えは「うーーん、大きめ?」
結局、その「大きめ」の服を買っていってあげたのかどうかの真相は闇の中だが。
で、ここで言いたかったのは、千賀くんと太陽くんの天然っぷり(それは上田くんのスーパー天然Zを遥に超える)ではなく、藤ヶ谷父さんは見てくれだけでなく心の中も父性愛でいっぱいの本物の父さんだった、とい事なのだよっ!!(何故叫ぶか、私!?)

『ピアノととHBBの融合』
先日来、スクラップアンドビルドを繰り返していたという中丸くんの新曲。イントロは、石垣くんのピアノのメロにHBBで時計の音を合わせるという斬新なもの。グランドピアノはスタインウェイ製ではなかったか?
楽曲自体はメロディラインの綺麗な大人っぽい雰囲気。a.b.cがサポートに入ってくれたのだが、間奏で一人々とジャムる場面が非常にかっこよかった。個人的には河合くんとのダンス一番綺麗で好きだ。
中丸くんの衣装は王子系!リボンタイがっ!!!!!!

翼くんにダンディズムを感じる五関くん。ちみが一番ダンディだと思うよ?
キスマイのお兄さん達、滝翼のバックでは心底楽しそうだね。(深い意味はないよ、な、無いよ?)
滝翼兄さんの新曲のサビのフリは「TEN-G」の鼻っ柱を折ってるように見えなくもない。(ええ、被害妄想ですとも!)
最近は「立って」「座って」の指示もしてくれるんだ?by慶ちゃん。親切過ぎるよ!気ぃ遣い過ぎだよ!!
森本家では、兄ちゃんより弟の方がつおそうな気がしてならない。
塚ちゃんが、アクロバットの続きで番協のお嬢さんに激突する日はそう遠くないようだ。(塚ちゃんに広ーいスペースをplease!)
八乙女くんは、お賽銭としてあげてしまった例の\500が今でも惜しいらしい。
北山くんの髪が黒い!(初めてみたよー)
父さんは、ちょっと気を抜くと13歳の頃の大人しい少年の顔に戻ってしまう。(たいPに目ヂカラを!)
滝沢くんは、ちっちゃいJr.に結婚できなさそうと思われている。
滝沢くんは、ちっちゃいJr.にオッサンだと思われている。
翼くんは、ちっちゃいJr.にダンディだと思われている。
日に々ジョーイと愉快な仲間達の「愉快な仲間達」が増えてくる。
滝沢くんは、反復横跳びの3歩目でコケる。
客席に向かって「局、違うからね?ここはNHK!」とキッパリな中丸くん。何かありました?(歓声で聞こえないんですってば)
滝翼のフリ、出来てないの私だけ!?
フット2の小さい子達は、ローラー上手くなったんだねー。去年見た時は、確か玉森くんがすっ転んでたのに!(しーっ)
着替えが間に合わず、出とちる中丸くん。
前へ前への縦尾、いや横尾くん。
別窓 | live・収録・観劇(KAT-TUN) | コメント:0 |
<<HBB道場開校@アルタ。 | 上田さん家の竜也くん備忘録 | ろくーん、千葉にもヒッソリ進出。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 上田さん家の竜也くん備忘録 |