FC2ブログ
♪上田竜也くんと愉快な仲間達に関するなんやかんや♪
神戸総括
2010-10-12 Tue 12:47
セトリに沿っては書けないって言ったけど、自分のための備忘録ってことで。ちょろっとだけ。
全然書かないと、あの2日間3公演が自分の中で「無かった事」になりそうで怖い。
書くのも怖いけど、何にも残らないのはもっと怖い。
意味不明ですみません。
3公演とも、暖かくて熱くて途方もなく素晴らしかった。それだけは紛れもない事実。そして大切な想い出(*´ω`*)



2日。
Fブロ4列で参加。
O.A.のFiVe。M2の導入部で声出ししたら、うっかり大歓声だったために「段取りがあるから」とダメ出しされるというミラクル。これも力也くんクォリティってことで。
目の前がPAブース。
亀くんがスタッフさんに紛れて(オーラ出まくりで紛れ損ねてたけど。笑)椅子の上にちょこんと胡坐をかき、楽曲のリズムに合わせてそれはそれは楽しそう~に身体を揺らしていた。
ECの声出しでは「アリーナいけるかー!」の煽りに両の拳を高々と突き上げて応酬。
M4【love in snow】この日から楽器隊の音にフルートが追加される。最後の最後まで、進化を止めないマウピ楽器隊に感服。シーケンスなのかな?とも思ったけど、上田さんのMCから察するにsaxのアキコちゃんが吹いていたようだ。
ステージ対面だったから、PAブースが近かったからか、音響が頗る付きでよろしい。
但し、歌う方にしてみればセンターステージと大階段の最上段が地獄だったらしく、何度かイヤモニを押さえ、必死に音を拾う上田さんの姿が見受けられた。
EC【ヤンキー片想い中】上田さん、アリーナを突っ切り、PAの柵を飛び越え、上手スタンドへ突入。つられて多くのワンフも民族大移動。怖いからやーめーてー(^^;ワールドの、アリーナエリアとスタンドエリアにパーテーションがなかったことが、裏目に出た瞬間だった。
因みに、PA柵を飛び越えた瞬間の上田さんの鬼の形相は一生忘れられません。(煽りまくって満足したのか、復路は恵比須顔だったそうですよ。笑)

3日(追加公演)
Dブロ16列で参加。
開演直前、ロミジュリからの知人が真後ろの席だということが発覚し、きゃいきゃい。
諸般の事情で、この回のMCは全面的にカット。全公演に参加出来たわたしが言うべきことではないかも知れないが、不公平感は否めないよね。

3日(ツアーファイナル)
アリーナ25列で参加。
全8公演中唯一のアリーナは、センターステージ前最前。しかもほぼドセン。
センターステージでの煽る上田さんの地声が、モニターより若干速く聴こえることに感動。
終演後に合流した友人と確認し合ったのだが、この日のメイクは若干濃かったよね。目の上がきらきらだったよね。(で合ってますよね?笑)
M13【愛の華】歌前の挨拶で、堪えきれなくなって落涙してしまった上田さん。我々には計り知れないほどの複雑な感情のもとに流されたその涙は、この世のものとは思えないほど清く澄んでおりました。って大袈裟じゃなくそう思ったんだ。
ECでBDケーキに顔からダイブした上田さん。顔中クリームだらけになりーの、上里くんい拭いてもらいーの、まさかの鼻ちょうちん出しーの、敢えてか拭き損ねか秀でたおデコにクリームくっつけたまま(ワンフの「たっちゃん、おデコ!」の声も知ったこっちゃねーのていで全面スルーしつつ。笑)突入したM15【ヤンキー片想い中】は史上最高の出来だったのではないだろうか?
色んな意味で「斬新」って言葉がよく似合上田さんではあるが、EC2の最後の最後にオーディエンス全員とエアハイタッチ、ってのは斬新過ぎたよねー。天晴れです。
別窓 | mouse peace uniting with FiVe | コメント:0 |
<<my treasure | 上田さん家の竜也くん備忘録 | それもまたニコラジ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 上田さん家の竜也くん備忘録 |