FC2ブログ
♪上田竜也くんと愉快な仲間達に関するなんやかんや♪
MOUSE PEACE uniting with FiVe @マリンメッセ福岡(8/11)
2010-08-13 Fri 06:00
参加してきました、ソロツアー2本目@福岡。
生憎の荒天で、最悪の場合は羽田に引き返すよ?とクルーに脅されつつのどきどきフライトでしたが、なんとか無事に♪
MCで知りましたが、外で待ってるファンの子が可哀相だと、リハを巻いて開場時間を随分と繰り上げてくれたそうで・・スタッフさんとメンバーの心意気を感じてグッときました。
スタンドFブロの前の方で参加。本ステージからの距離で言うと、アリーナの前方ブロックと後方ブロックの中間辺り(15列目のちょい後ろ)で、センターステージの突端が真正面にくるような位置でした。音もかなり良かったです♪それが何より嬉しかった!!



OA(Opening Act)にFiVe。
札幌では「あのFiVeが!?」ってにやにやしちゃうくらい緊張した声で歌っていたメンバーだったけど、もう大丈夫みたいね。♪手を繋げよ~(ワンマンライヴで散々聴いてるのにタイトルすら知らん。笑)も今回はAメロから。ジャニーズらしからぬ歌詞に会場どよめき(笑)いやホントは真面目な内容なんだよ。

overture
鐘の音(ロミジュリ風)
LEDに映像。
バトラーと女の子の台詞のやり取りに、セトリ的なものや歌詞の一部を発見してにやにや。
本ステージでは場面転換。力也くんの機材が下手に移動して、上手には真巳さんのそれをセット。わくわくする!

saxのあきこちゃんがセンターステージに登場。上田さんだと思った人がかなり大勢の模様。(のちにMCで話題に)

M1
【LOST】
上田さん、椅子にふんぞり返って気だるく登場。今日のお髪はエアリーな感じ。髪と髪の間に空気、入りました♪的なCMに出れそうなcuteさと、女優サングラスの奥から覗くドSな表情のアンバランスさが素敵過ぎます。
片や大階段の真中で、大股おっぴろげーでギター弾いてる真巳さん。なんぼほど階段跨いでます?一歩踏み外したら光一くんばりの階段落ちだよね・・と心配になるくらいの開脚ぶりで上田さんを迎える。2コーラス目、顔をぐっと近づける2人。ギターから右手を放した真巳さん、おもむろに上田さんの首に巻かれたジャラジャラのネックレスを弄び始め、そのまま腰の方まで撫で下ろす。ひ、ひーっ!なんて90年代なヴィジュアル!(耽美ニストも吃驚)あ、札幌ではあわあわしてて見落としてたんだけど、真巳さんの右胸に赤いお花が(真紅の薔薇か!?)
上田さん、「LOST」の「L」が巻き舌過ぎて最早「R」にしか聴こえない件(笑)
間奏での「叫べ福岡ーっ!」これは定番に。

M2
【rabbit or wolf?】
要所要所にsaxが入る事によって大人っぽくなったよね、うさぎ。生音だからそう聴こえるのか、それもリアルにテンポダウンしてるのか、音源より上田さんの早口加減が若干ゆるりとしている感じがする。で、この曲でも真巳さんとラヴラヴ(親戚のおじちゃん気をしっかり持って!笑)真巳さんなんか顔芸でもしました?下手からは、LED越しにも顔をぐっと近づけてる事しか確認出来なくて。

M3
【腹ぺこマン】
「おなかすいた・・」なんとも情けな・・もとい可愛らしい声で(´∀`)お手隙の方は全員出べそへどうぞ~とばかりにわらわらと大集合してくるマウピ&FiVeメン。うわー、真正面(真横か)で上田さんがにゃんこしてるし!ご飯かき込んでる(フリ)し!視界の端になんか入ったので左を向くと、力也くんまではりきって猫手でにゃんこダンスしてるし!!真巳さんはふつーにギター弾いてるし(゜▽゜)!
で、上田さんの「回せ回せ~ぃ」に、何を回していいか迷う私。(ペンラもないし、扇子回したら後ろの方に迷惑になるし・・)


ご挨拶
「台風小僧のたっちゃんでぇーーーっす!なーっ!」「(なーっ!)」「なーーっ!!」「(なーーっ!!)」なんだこのテンション!?面白いぞ、上田さん(笑)
台風の影響で「(飛行機が)すっごく揺れた。もう男とか女とか関係なく、人として怖かった!!中丸くんだったら、おもらししてましたね♪」おもらして(笑)しかも、これがMCに続く壮大なフリだったなんて(笑)

M4
【love in snow】
「これが最後の曲です」「えーーーっ!?」腕を上げましたな、上田さん(笑)
ガキさんのピアノラヴ(はぁと)上田さんの声もよく伸びてますなぁ。すっっっごく調子良さそうだし気持ち良さそうだし。
そして・・うん、弾いてたね、Gt.ソロ!確かに弾いてた。ああ弾いてたともさ!よく見えないからもうちょっと大きなフリで弾いて~(´・・`)と心の中で逆ギレる私(笑)あ、なんか下手のモニターは上手Gt.の音量がめっさちっさくてちょっと悲しかった。で、ここでだったか、うさぎでだったか、一瞬音がmuteし・・(以下自粛)

M5
【フレンズ】
「クラップして下さい」のお願いの仕方(言い方)に心臓鷲掴み(笑)
軽く踏んでたはずのステップがだんだん大きくなって終いには跳んでるのか?状態の上田さん。めっさ楽しそうにクラップする姿がcute過ぎる件。
女子コーラス(大牟田&唐津出身)の♪まけるもんか~が可愛い過ぎて、こっちが負けそうになる。
で、あれかな?ガキさんの音出し(Cかな?)から始まるのは音楽部とかで言うところの「音頂戴~」に当たる行為なんだろうか(笑)

LEDに映像。金パ時代の写真(肖像画風)にまたもや場内大爆笑。I am angel le ciel.て。ねぇ?(英語仏語ごちゃまぜなのは気づかないフリしようね♪)そしてこの件もMCでネタに。

M6
【deep red drop】
上手袖から赤いデコラティブな(笑)衣装を着込んで再登場の真巳さん。ん?お髪にこれまたデコラティヴな被り物をしてらっさる。札幌でもハットなんて被ってたっけ?
天井からゆるりと降りてくる片羽の天使、上田さん。途中(勿論中空)で1回止まったのは、演出だよね?
サビの2声コーラスの部分が切な過ぎる件。2人ともなんでこんなに声質が合ってるのか不思議♪
下手Gt.のまゆちゃん、上田さん、真巳さんで横一に並んで同じフリ(90°ターン)をするところもcute。そこはほれ、踊りなれてる上田さんのターンは滑らかなんだが、真巳さんのそれが若干ぜんまい仕掛のおもちゃ風なのは気づかない方向で。(笑)
ED、まゆちゃん、上田さん、真巳さんはお着替えのため一旦バックステージへ。その間、FiVeメンが重々しい感じでインストで繋ぎ。

M7
【teen's】
白いロングカーデを、半分着た状態でぬるっと再登場の真巳さん。(前回のマウピでも黒JKを半分着た状態で・・ってあったぞ!基本間に合わない子なのか?笑)
上田さんはとにかく爽やか♪右手を腰に当て、テンポ通りに左右に身体を揺らしながら、めっさ気持ち良さそ~に歌ってる。

MC
今日も「有難う」でいっぱいの上田さん。その「有難う」に気持ちがこもってるから「いーえ、こちらこそ(´∀`)」と優しい気持ちになれる♪
「親戚のおじちゃんが来てます」←いや、ふつーに言うからさ、「あ、そうなんだ♪」って本気にしたファン多かったよ?(笑)そしたらPAのブースに中丸くんがぬるっと立ち上がって吃驚したさ!(笑)で、本ステージに移動する際どこを通るのかなーと思ったら下手のスタンド下(つまりは我々のまん前)を颯爽と駆け抜けて行った。白いポロシャツと細身のデニム?コットンパンツ?めっさ好青年のいでたち(笑)
ここからが長い!(笑)このメンバー紹介を兼ねたMC、真巳さんから始まるんだけど、なんやかんやで真巳さんとこだけで何分喋った?(喋ったのはロバ丸だけよ♪)
それでですねー、あまりに長くて面白ろ過ぎたMCコーナー、ここに書くとどんだけ長くなるか分かったもんじゃないので別エントリーにします!(笑)割愛するには勿体ない面白さなんで。でも、私の文章力でどこまでその面白さが伝わるかは??ですが(笑)


M8
【花の舞う街】スローアレンジ&「あたしヴォーカル」ver.(うん、そんなタイトルではないね♪笑)
今回は女子コーラス(大牟田&唐津出身←しつこい?笑)のガイドボーカル付きで。
上田さん、ピアノ相当練習してきたよね。LEDに手元が大映しになるんだけど、本当に運指が滑らか。ほんのちょびっとミスタッチがあったけど、それはご愛嬌の範囲内なので♪伏目勝ちに、お口をちょっと尖らせて鍵盤を叩く、上田さんが集中してる時特有のお顔が抜かれ、うるっときた。
あ、そうそう、ピアノ弾き出す前、客席から「ありがとう~」の声がかかった時「客席の声がよく聞こえる。今、有難うって言ってくれたよね?こちらこそほんと、有難うですよ。」って言ったんだけど、その言い方がちょっとおばちゃんチックで可笑しかった(いや、失敬!)


M9
【育ち島】
上田さんがちょろっと話してる(昔沖縄に住んでまして・・的な)隙にわらわらと集まってくる楽器隊(笑)
歌い出したら、いやほんとに優しい声の上田さん。うちなー口も様になってらっさる。
札幌の感想文で、「今回は真巳さんが上田さんの後ろに座ってるので、エンディングの三線ソロの時、上田さんが真巳さんをじーーっと見つめる光景が見れなくて寂しい」って書いたら、バンドの神様が融通してくれたみたいで(笑)、三線ソロ直前になったらくるっと真巳さんを振り返ってそのまま最後までじーーーっと見つめながらゆらゆらリズムを取るというミラクル。夢のような光景に感謝♪
三線を弾く真巳さんの手元が何度かどアップで抜かれたんだけど(お顔もプリーズ)あんなフレットレスな楽器、よく3ヶ月で弾けるようになったよね~と感心。流石天才ギタ(ー)リスト。三線持たせても、POTBELLY同様ネックをおっ立てて弾くのね(笑)


M10
【Marie Antoinette】
LEDが近いって天国♪(やっぱり肉眼では限界があるから)猫足バスタブで沐浴(てい、です)~マリーのお衣装に生着替え、メイドさんのバスタオルをはぎはぎまでの様子が細かいところまできっちり解ってすっきり。なんかずっと無表情なのが逆に妖艶に見えるんだよね。
ソロツアーでは「good-bye」が2回。1回目はちょっと高慢ちきな表情で、2回目はにっこり笑って、とそれぞれ表情を変えてくるのが細かいなーと思う。今回、「あっかんべー」が一連の流れ(ふり)の中に取り込まれ過ぎてよく解んなかったのが残念。やっぱりためてためての「あっかんべー」の方が可愛くもあり怖くもあり、ってことで。
フランス革命を模したパフォーマンス(with メイドさん達)、メイドさんが一人また一人と銃声に倒れ、最後まで手を繋いで一緒に逃げてくれていた子にも手を振り払われ(彼女はご主人様が重荷になって一人で逃げたいらしい)、見捨てないで!僕をおいていかないで!と必死に追い縋る上田さん。でもその手はまたもや振り払われて・・切ないなぁ、演技だって、パフォーマンスだって解っていても、心臓をぎゅっと摑まれるような苦しさが募る。それだけ真に迫る演技ってことだよね。
その後、水と炎のパフォーマンスとダンスになだれ込む。(略し過ぎ)

楽器隊インスト(場面転換的な)
やっぱり元歌は【スパイ大作戦のテーマ】だと思う。真巳さんの超絶速弾きがカッコヨス☆

M11
【遥か未来へ】
ちょんまげが小ぶりでナチュラル(ナチュラルなちょんまげってあるのか?笑)
これまた爽やかに軽やかに歌ってらっさいますなー(うっとり♪)で、今はまだアレだけど、そのうち大サビで右手をぷらんぷらん振り出すんじゃないかと虎視眈々と狙ってるマニアックなワンフがここに。(バンドの神様お願い♪)

M12
【ニ~トまん】
大階段を滑り台に見立てておケツから降りる台風小僧(笑)誰も押してないのに「押すな押すな」と怖がるていでつつーっと(笑)
で、どっちが立ち位置間違えたんだか不明だけど、真巳さんと一瞬クロスプレイしてから移動。あ、単に戯れたかっただけかな?(笑)
ここでだったかなー?真巳さんがコロガシに足をガシッ!とかけてギターを引き出すといううっかり自分のバンド状態になっちゃって、かなりウケたのは(ウケてたのはどーせ私一人ですよーだ)
なんか上田さんの記憶があんまりない。あっちこち移動してたからか?(笑)

M13
【愛の華】
ガキさんのピアノが(はぁと)その2。
上田さん、センターステージにくるとちょっと音程が取り辛くなる模様。前回のマウピの時は【愛の・・】でよくフラットする光景を見たけど、今回は珍しくシャープしてた。うーんうーん、むずいね、この曲。
とはいえ、後半に行くに従って迫力を増す歌声に生のストリングスが重なると、それはもう・・。
噴水が高く噴き上がると結構な水圧で風が起こるんだけど、その風によって上田さんのお髪や衣装がふわっふわ舞い上がるのがめためた綺麗だった。いやしかし何という神々しい横顔(´∀`)

M14
【花の舞う街】
♪今日の福岡の想い出をぎゅっと逃がさぬよに~(´∀`)
ED、ガキさんのピアノに合わせて「みんなで歌おう」という新企画。上田さんの♪ななな~(♪ららら~、じゃなくて♪ななな~、なのが上田クオリティ)にリードされ、会場がひとつに。上田さんを中心に、横一に並んだメンバーも嬉しそう。

EC
「みんな、じゃにーずうぇぶ(平仮名な発音)は見た?」「見たー!」「これがそのビデオです。」と、想い出づくり(ビデオ撮影)を始める上田さん。ざっくり言って「こっちの方」(笑)もクローズアップして貰えた様子♪わーははは!
で、恒例の声出し。我々が居たところは「右、いけるかー!」チームなんだけど、真ん中に戻ると見せかけて、くるっと振り返って「右、いけるかー!」なんてフェイントをかます余裕がある上田さん。
でもね、一見余裕がありそうに見えて、実はその時点で既にフライトの時間まで1時間(!笑)だったので、徐々に巻いてるのがバレバレの上田さんでもあったのだ(笑)
あ、忘れるところだった(笑)この日、ダンサーズの一人(ごめんなさい、唯一名前を覚えてない子です)がお誕生日ということで、メンバーとオーディエンスから♪happy birthday to you~の歌のプレゼント。上田さんの「ガッキー、あの曲、お願いしまーす」の声に、張り切ってイントロを弾き始めたガキさんだが・・だが・・それじゃ女の子はきついよ!というキーだったというサゲが(笑)ま、そんなアレ(笑)はさっ引いても感動的なシーンでありまして、LEDには感極まって口元を手で押さえながらうるうるしてるなんとかちゃん(笑)が大映しになってました。いやー、マウピの現場は期間チューに誰かしらが誕生日を迎えるってのが定番になってるね♪お祝い事はいいねー(´∀`)
メンバー紹介。真巳さんと並んで、ちょこんとしゃがみながら他メンの演奏を聴くかわゆすたん。va.2人が「カノン」を弾いたのが素敵だった♪
真巳さんの紹介の後、2人して懐かしのmouse peaceキメポーズ♪これまた懐かしの双方向投げチューのような感じでピースをくっつけてたように見えたけど、どうだろ?

M15
【ヤンキー片思い中】
よだれマンの巨大バルーン(中丸くん曰く「センスzero」)はのっけからスタンドにスタンバイしてあって、楽しみもへったくれもあったもんじゃなかったんだけど、スタッフさんが割った瞬間から壮絶なる奪い合いが勃発して、みんなステージを見るどころじゃなくなってたのが怖かった(笑)私は早々に脱落して、上田さんと真巳さんを探す旅に(笑)
ED、時間ないというのに、これまた恒例のジャンプ大会を決行する上田さん。めっさ楽しそうにマサイジャンプする上田さん、頑張ってついて行ってるダンサーさん達、ネックでカウント取ってるだけの真巳さん(笑)うーんそれぞれ。わたくしは、筋肉痛になる覚悟でご一緒させて頂きましたよ♪(そして、ちゃんと翌日にきましたよ♪♪笑)
あ、ダンサーズの誰かが指でこっち向いてカウントしながらジャンプしてるのがめっさかわゆすだった(´∀`)
最後の「ラスト、1ターイム!」と上田さんはボクシング風にコールするのと、楽器隊はそれぞれネックを振って「ジャン!」とバンド風のキメポーズする、その対比が非常~に面白かった!

最後、メンバー全員で手を繋いでジャンプして終了♪

て、サクっと書いてますが、めっさ感動的なライヴだったんですよ?上田さんはずっと「有難う」「感謝してます」って言ってるし、会場のあちこちからも「たっちゃん、ありがとー!」って可愛らしい声が何度も上がってたし。
ノリは熱いんだけど、全体的な雰囲気は暖かい、ちょっと矛盾してるかな(笑)でもいつまでも心の中がほんわかし続けるような、いいライヴでした。今回もどうも有難うです♪

で、福岡弾丸遠征のオマケとして、帰りの便が真巳さんを除く全員と一緒だったことをさくっと付記しておきます。真後ろの席が下手Gt.のまゆちゃんだったもんねー、超可愛かったもんねー♪(なんの自慢だ)


あ、そういえば(まとめて思い出せばいいのに、私。笑)締めのご挨拶の最後に「召使募集中ですっ!」と叫んでたっけ(笑)立候補者、相当数いたぞ、!(私も挙手した一人)全員雇ってくれる?たっちゃま♪
別窓 | mouse peace uniting with FiVe | コメント:4 |
<<@福岡、ロバ丸マシンガントーク集(毎日陽気に加筆チュー♪) | 上田さん家の竜也くん備忘録 | 今週の急上昇ワード@博多>>
この記事のコメント
繭様♪
空港まで近いんですよ~。(タクで20分弱)
いや~でも肉眼メモ無しはではやはり限界が・・(^^;細かい間違いには思いっきり目を瞑って下さいませ!
2010-08-14 Sat 22:35 | URL | 恵理 #ofxKis3k[ 内容変更] | top↑
和美様♪
コメント有難うございます(^^)
中丸さんのお近くにいらしたんですね~。
お誕生日女子はアヤカちゃんでしたか、有難うございます!(すっきり)
女子チームがcute過ぎてメロメロです(笑)
2010-08-14 Sat 22:32 | URL | 恵理 #ofxKis3k[ 内容変更] | top↑
こんばんわ~^^
福岡公演は泊まりで行ったので・・・近所のホテルに真巳さんが居たかもしれません笑。
本当に楽しかったですねv-238
私はAブロだったのでずーっとゆっちの後頭部を眺めてました(爆)

あと、お誕生日のダンサーちゃんは”アヤカ”ちゃんだったと思います。

私的に、カノンに続いてチェロの紹介で威風堂々の高速バージョン(笑)が聴けたのも嬉しかったです!!
帰りの飛行機でまゆちゃんが傍にいたなんて!!
彼女の白ロリ風の衣装(頭に羽飾り)が似合いすぎで羨ましいアラサー女子でした・・・

いつもレポ楽しみにしてますvv
それでは~(^o^)ノ
2010-08-13 Fri 20:50 | URL | 和美 #ffnm/fjw[ 内容変更] | top↑
恵理ちゃん!
詳しいレポをありがとう!
よく覚えているね~~~
MCレポも楽しみにしてるよ~

タイトル不明だった新曲、deep red dropって言うのね~!
良いタイトルだわ~~

で、で、で、よく飛行機に間に合ったね。
それが一番の驚き~~~
2010-08-13 Fri 20:28 | URL | 繭(まゆ) #n5DnbKXM[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 上田さん家の竜也くん備忘録 |