FC2ブログ
♪上田竜也くんと愉快な仲間達に関するなんやかんや♪
queen of pirates @きたえーる(7/13 2部)
2008-07-14 Mon 08:02
札幌ラストです。
スタンドH3ブロ3列目で参加しました。
「入口出口田口でぇーっす」って間近で見ちゃった。(ちょっと嬉しかった)

掲示板を介してチケットを譲って下さったF様に感謝します。有難うございます!




over tune
きたえーるは、キスマイやA.B.Cに対するきゃーっが一番大きかったな。

【taboo】
上田さんはフードを被らず。綺麗なお顔がはっきり見えます。
前髪、ちょこっとハネスタイリング?
仁さんが座り込んでパイプを燻らすのも定番。どうしてもゴジラがガオーッ!ってやってるように見えます。
亀くんがくわえているのは、木の枝?

【keep the faith】
のっけから上田さんがガッツリ踊ってて倖せ。笑
間奏のジャンプもぴょこーんと高く飛んでる。

【GOLD】
牧野くんの16ビート炸裂。
このアレンジにして正解、かっこいい!!
聖くんが半鐘を鳴らすのが、火事だぞー!っぽくて(^^;
途中からスタンドトロッコなので、メインステ寄りのブロックは騒然。
あの豪華な海賊衣装で階段を昇ってくる様は、誰であれ貫禄たっぷり。あ、田口くんは・・あ、なんでもない。

【jumpin' up】
トロッコがバクステ近くまで行ったところで、田口くんと上田さんがご挨拶。
めっちゃ間近で「入口出口田口でぇーっす」(満面の笑み付き)見ちゃった!なんか得した気分。
2人とも2Fのバクステ側の扉から一旦退出(黄色いフリンジ衣装にお着替えのため)
田口くんは早々に戻ってくるんだけど、上田さんは何処で道草を食っているのか、次の曲まで帰ってこない(^^;
その間に、他のメンバーのご挨拶も終了ー。
田口くんはバクステから出てくる時、剣(ペンラ)を振り回してそれはそれは楽しそう。

【ノーマターマター】
上田さんが暗闇の中から重役出勤。イントロの間はバクステで目立たないようにしゃがんでいて、歌に入って照明が点いた途端に立ち上がり、両方のキャットウォークを練り歩き顔見せ。
サビのところではちゃんとフリ付きで煽ってた。

【don't U ever stop】
海賊船の陰で黄色いフリンジ衣装を脱いで姫様ブラウスに。どーーしても袖が下がってくるのが気になるらしく、毎回毎回たくし上げては下がり、たくし上げては下がりを繰り返している上田さん(^^;もう切っちゃえば?大好きなノースリにリメイクして貰って二の腕見せながらダンスすりゃいいじゃん!と思わずにはいられない。
♪ギター!で力也くんが、♪ベース!で上里くんがスポットライトの中で夫々の楽器をハードにかき鳴らず。暗めの照明がかっちょいーんだ。上田さんにもあれ、欲しい♪(限りなく妖しくなること請け合い)

【12 O'clock】
イントロのテープの巻き戻し音みたいなのに合わせて上田さんが手をぐるぐるする振り、回によって前回り、後ろ回りがあることが判明!大概2部が後ろ回りなのかな?
亀くんが、毎回父さんに対してセクハラまがいのことをするので、場内騒然に。あ、でも私は12日に初めて見た(^^;父さんが、どうしていいか解らない表情を浮かべつつ、でも一所懸命振りをこなしてる姿がステキ。(明らかに父さん贔屓)
間奏で、リズムに合わせて夫々シンメになってるJr.と共にキャットウォークを練り歩くシーンがかっちょいい。上田さんは、センターステで横尾さんを殴る蹴る馬乗りパンチといいだけドS根性丸出しな振り。笑

【聖くんソロ】←いい加減タイトル覚えろ!あ、ハイ(^^;
登場早々、う○こ座りで「お前等、なまらめんこいっけやー!」最後の最後に語尾まで北海道弁になったー!笑
札幌からなのか、それとも静岡からなのか、曲終りにチョッパーに乗ってハケていく時、センターのLEDに「公道ではやってはいけませんよ、今回は特別です。解りましたか、こうきくん?はぁ~い」みたいなメッセージが出るようになったのは?

【亀くんソロ】←いい加減に・・以下同文
亀くん撮影によるオフショット。新しい作品に変わっていたけど、上田さんは居た?
テーブルの向う側で長袖Tシャツにタオル被ってた子は・・違うよね?(自信梨)
この回も、亀くん作の絵が当ったおちびちゃんに「ママに言っといてね、オークションとか出さないでって。」とさり気なーく言っていたっけ。笑

【田口くんソロ】←いい加・・ばしっ!あうっ・・
アリーナ上手に埋もれて登場。田口くんは仁さんファンの子を見つけ出してわざわざ「誰のファン?」と聞くことに命をかけているような気さえするよ・・。
そろそろ声も限界のようで、かなり枯れて苦しそうだったなぁ。高音はシャウト気味で誤魔化す事が可能だけど・・。
田口くん、歌い終わりに久し振りの「俺、サイコー!」

【TEN-G】
通常モードの赤TEN-G。ピンクTEN-Gがマイクを横笛がわりに噴く真似をするのは定番になったな。
時間も押してるし、サクッと出てきてサクッと歌い出したが、途中から赤TEN-Gに異変が。
あんなカッコして、ハードコアタイプのエアギターをおっぱじめやがった!!めちゃめちゃウケるわー。で、最終的には♪そんなの関係ねぇ!テイストのフリに(^^;どうした、赤TEN-G?何かやらなきゃ気が済まなかったのかい?(よしよし)

TEN-Gから逃れてきたていで・・
下手BOX席後ろに上田さん登場。
あのねー、2Fはホントに台詞が聞き取りづらいんです!然も歓声とかと渾然一体となって、何喋ってるか全然解んなかった(^^;最初だけ♪ドゥルル~って巻き舌な奇声を発してたような気もするが、真相は如何に!?最後は、後ろの扉からダッシュでハケて行ったとさ。

おっとその前に、田口くんの三行ラブレター
なんちゃらかんちゃらで、歯を立てると痛がったね。大好きだよ、イクラ。ハーイー!そっちのイクラかよ!?逃げろーっ!
わーははは!!本人はスベった気満々でいたけど、かなりウケてたよ。但し、大っ嫌いなイクラちゃんネタを出されて、裏で上田さんがイラっときてなかったかどうかは・・ねぇ。笑

【愛のコマンド】そうそう、私の席からは、暗闇の中スタンドトロッコでスタンバってる上田さんの横顔が右側から見えるんですよ。じーっと一点を見つめて出番をまっている、仕事中の男の顔だったわー。←うそつけ、うすぼんやりとしか見えなかったくせに!笑
で、客電が点いて立ち上がってトロッコが動き出した瞬間にファンサ開始。一部のお行儀の悪い子に引っ張られたらしく、軽くつんのめる後ろ姿が見てとれた。危ないからホント止めようね!
メインステに戻ってからは、スイッチオン!を手で表現したり、コロガシに足をかけてリズムを取ったり、テキトーに矢が刺さったフリしたり(ちょっと飽きた?)やることいっぱいなのよねー。

【LIPS】
上田さんのCO2だけ、若干量が少なかったよ?早めに止まってたし。この回も一部のお客さんをピンポイントで狙ってぶちまけてた。ドライアイスじゃないから、危ないことはないんだけど、長時間浴びせられたら結構苦しいよ、何せ二酸化炭素なんだから!
リリース時にも書いたと思うけど、制作スタッフにXのファンが絶対一人二人居るよね。楽曲の雰囲気といい、ステージでCO2ぶちまけるパフォーマンスといい、佳樹さんそのものじゃん(^^;
上田さんは、全編通してタテノリしてるかギター弾く真似してるかのどっちか。力也くんのギターソロも一緒になって当て振りしてるし、そろそろ本物持ってきて弾いちゃえば?笑

【wilds of my heart】
上田さん、自分のソロパート直前に、センターステで匍匐前進開始。何してるんだろ?と凝視すると、向かった先にはハンディのカメラさんが。慌ててLEDを確認すると、いたずらっ子な顔した上田さんがジリジリと寄って来るという面白い画が映ってた!!
EDは毎回のように仁さんとのフェイク合戦。毎回負けるけどー(^^;だって仁さんの声量、ハンパないし!

MC
ソロコン告知でボソっと「一から作れるって倖せなことですよ・・」と呟く上田さん。その言い方がしみじみとしていてグッとくる。ソロコン出来るって、実は贅沢で有り難いことなんだな、と私まで実感。
他メンも、遣り甲斐あるよな~だの、曲も作ってんだよな~だの、ちょっと「上田いいなぁ」という雰囲気に。笑
MCの終りかけだったかな?聖くんから田口くんへ「お前、さっき『俺、サイコー!』つったろ?」と愛あるツッコミが入ったのは。ちゃんと裏でも聴いてるんだね、ツッコミどころは逃さないんだね。流石っす、聖さん!

【mother/father】
うん、やっぱり大騒ぎだったね。仕方ない、仁亀がアリーナをトロッコで巡回するんだもん、騒ぐなって方が無理でしょう。だから、この曲でそんな演出する必要があったのか、って話ですよ。
バラードじゃん。制作側自ら「じっくり聴けない」状況を作るなんてどうかしてると思うよ?
ま、上田さんはそんなことどく吹く風で、ステージセンターに陣取り(いつもは階段に座ってるくせに)気持ち良さそう~に歌い上げてた。ええ、その姿はまさしく「ソロコン」状態。わーははは!

札幌から尺が長くなった、中丸くんのHBB。毎回のように新技を組み込んでくる研究熱心さには脱帽!
田口くんがロン宙とタップを華麗にキメ、上田さんが味方である筈の田口くんをマシンガンで蜂の巣にした後シャドーボクシングを取り込んだダンスをし、亀くんが水を噴出しつつかなりエロくストンプし、聖くんがダンスしてバク宙、シメに仁さんの英語詞ラップとフェイク。あれ、順番合ってます!?いや、合ってねーよな、中丸くんのソロダンスは何処だっちゅー話ですわ!えっと、解決しないまま話進めますね。←ええっ!?
下手に亀・淳・聖、上手に仁・竜・雄にわかれ、キスマイとA.B.Cの混合チームを従えてストンプ、その流れで【six senses】ここ、流れが良過ぎて、クラップハンズ入り難い(^^;
仁さんの全編英語による煽りがかっちょいいんだよね。これも札幌からなのかな?
上田さんも手振りで煽りながらバクステへ。間奏でダンスする時、物凄い歓声だよね、ここ。

【hell, no】
これも相当かっちょいい。間奏で、みんなのダンスと聖くんの力技なラップががっちり合ってていつ聴いても見ても鳥肌立つ。

【雄くんソロ】←・・ま、いっか(^^;
結局、札幌では一度も満足いく音程で歌えなかった中丸くん。まあそれは、メインステの音環境が劣悪だっていうのが主な原因なわけで。きたえーるは音が上に抜けずに、下の方でうねっちゃうんだよね。だから大きなセットがあるメインステら辺はシーケンスの音が凄く聴こえづらかったんだと思う。スタンド最前で聴いててもえらいこっちゃ!って思ったんだから、やってる方は死活問題だよね!

【愛の華】
Bメロが怪しかったな、ちょっと走り気味で。でも丁寧に丁寧に歌い上げてたな。後半になると、牧野くんのタイコに力がぐぐっと入って、それが上手くストリングスと融合してかっこいいんだよねぇ。バラードでも力いっぱい叩いちゃうってある意味ボーカルくんにとっては迷惑な話だけど、上田さんの声量も全然負けてないからね!
EDのフェイクはちょっとだけ端折っちゃったver.中々完パケver.はやってくれないんすよ、出し惜しみ!?笑

【仁さんソロ】
この方もお酒呑む時の英語の台詞、二度と言ってくれませんねぇ(^^;
この回は齧ったライムをグラスに突っ込んで後ろにポーンと高く投げ出してた。回によって投げ方は様々だよね。
因みに、仁さんの出来の良し悪しは私には解りません、正直ね。ストロボの中を踊りながら走るとか、視覚的効果は抜群だよね!
歌終りのア・カペラ。音が上に抜けない会場だから、オフマイクで歌う仁さんのデカい声が下に向かって響くという(^^;
この回も、オフマイクになった途端キーが3つくらい上がって、物凄いハイキーのまま歌いきった。その方が歌い易いのかな?仁さんの場合、その方が声の艶も出るしね。

【僕等の街で】
歌い終わり、上田さんと仁さんが何秒か見詰め合っていたように見えたけど、気のせいかな?笑

【SIGNAL】
私が最も気合の入らない曲。なんでだろう、嫌いなわけじゃないんだけど、あの全体的に腰砕けになるような雰囲気がどうも性に合わないらしい。なので、なんか面白いことが起こっても、気付いてないです、きっと。笑

メンバー紹介
他メンがキメキメでソロワークをこなしている間、後ろで黙々と腕立てに勤しむ上田さん。スポットが当ってからやり始めるそつのなさが好き。笑
田口くんくらいから飽きちゃったのかな?物凄く力の抜けた座り方で自分の番を待っていた。
さて、上田さんの段になって、今日は何すんのかなー?とわくわくして待ってると・・あれ、踊らない。あれ、拳立て伏せもしない。耳に手を当ててコールが聞こえないよ?のてい。フ抜けた顔して頭をかきかき、まだ何にもしない。と思ったらためてためて投げちゅー!(ご馳走様でした)
シメは仁さん。おもむろに、キャットウォークを何歩かバクステの方向に歩く。もしや、と会場中が息を呑んだ瞬間、キターッ!ロン宙、キターッ!!然もキマった!(←ヲイ!!)もう天地をひっくり返したような大騒ぎですわ!やってくれるねぇ、赤西さん!!

バクステから大砲を一発ぶっ放して暗転、お着替えと空飛ぶお舟の準備へ

【she said】
ちょこんと座り込んでご機嫌ちゃんに足をぱたぱたさせている上田さん。えっと、羽根付きオールをお股に挟むカタチになっているので、それが上下すると下ネタ大好き赤TEN-G再び、な雰囲気に(^^;
いつもなら、ずっと足をばたつかせながら機嫌よく歌を歌ってるだけなのに、この回はなんと上空でもエアギターを披露!ん、やっぱり本物を弾いた方がいいよ。そうしなよ、たっちゃん!(エリー心の叫び)
向う(上手)っ側で拳振り上げて煽ってるヘビメタ少年田口くんの雄姿が見え隠れ。(嗚呼心の友よ!)

【喜びの歌】
そろそろ他メンがじたばたと動き出す頃、上田さんはどっかり座り込んだまま暴れる様子もなく。
歌い終わりに空飛ぶお舟を見送って・・。

【crazy love】
歌い出し、必ず仁さんが走る。絶対早く入る。この際、牧野くんがカウントを入れてあげればいいと思うの。それか、最初だけクリック鳴らせばいい。多少客席に聴こえたって構わないじゃないか。どんぴしゃりのタイミングで歌い出して欲しいもの。
上田さんは淡々と自分のソロパートをこなして。

【real face】
♪北海道、手に入れるんだ~が揃った!ここ、重要だよね。
上手裾でもじもじしてる上田さん、どうやらシャツの前を肌蹴てたらしい。
アリーナトロッコで、出来る限りタッチ!基本タッチとか握手。上下のトロッコを乗り換えるために立ち寄ったキャットウォークで雄たけび?してたような。
トロッコの上でも色々叫んでたもんね。
この時かな?仁さんが上手スタンドトロッコのHブロで可能な限り身を乗り出して握手だかタッチだかしてたのは。間近での出来事だっただけに、かなり吃驚した記憶がある。おチビちゃんでも居たのかな?チビッコには滅法弱い仁さんですからね。
中丸くんも、1列目の人達全員の手にタッチする勢い。でも顔は疲れてたよ!笑

【peaceful days】
上田さん、煽ってたなー。サビではかなり飛び跳ねてたし。笑
この時だったかなぁ?ピンクのパンツの人が誰かをお姫様抱っこしてぐるんぐるん回ってたのは。
おぼろげに、亀うんが聖くんを抱っこしてたんじゃないかと(^^;違ったらごめんなちゃい。

カーテンコール
上田さん、上半身裸にバスタオル、下は赤いスカートで登場。スカート持ってフリフリしてたのはこの回だったかな?もうこの頃になると記憶が錯綜して全然解んないや(^^;

【our story】
飛行機の時間だから!と帰ろうとする聖くんが居たり、2日ぶりに上半身裸で登場する仁さんが居たりする中、「何やる?」と客席にお伺いを立ててみるていのメン。笑
とはいえ、やる曲は決まってるんだからさ、ってなもんでイントロが流れはじめる。
そして事件は起こった。亀くんと聖くんがドリンクホルダーの水を口から吹きだしたのは記憶にあるんだけど、それがどの辺りだったか覚えてなかったんだよね。で、まんまとその吹いた水が溜まってるところ(メインステから一二歩キャットウォークに踏み出したところ)の真上を上田さんが男前にドスドス歩いちゃったからさー大変!
まるで、見えないバナナの皮が置かれていたかのように、それは見事におケツからすってーん!と転んでしまった上田さん。その場にぺたんと座り込んだまましばしボー然。センターステの方に居た聖くんが真っ先に駆けつけたわけは、愛じゃなくて原因が自分だという事を察知したからなのね(^^;ナーンダ
その間もあちこちから「竜也?」「竜也?」とオンマイクで何してんの?くらいのツッコミが。笑
幸い、上田さんも怪我一つしなかった様子で、その後もメインステ上手の階段状のキャットウォークを、元気に二段飛ばしで昇って行ったりしてた。お尻に蒙古斑が復活してなきゃいいけどね(^^;たっちゃん、最後の最後に災難でした。でも・・ぶっちゃけおいしい、って思ったでしょ!?笑

最後に思い思いにバイバイをしてハケて行きましたとさ。
こんな感じで、ちょっと慌しい札幌大ラスだったわけでして。
予想してたよりもっと巻けー巻けーという雰囲気がTEN-GにもMCにも漂ってて、ちょっと呆気なかったな。笑
でも、ほんっとに楽しい3daysだった。
上田さんのテンションの高低さに翻弄されたり(私もまだまだ未熟だわー)、仁さんの予想以上にデカいガタイにびびったり、亀くんのお腹が意外とぷっくりしてたことにガッカリしたり、田口くんのアンテナのようにピーンと固めて立たせた一房の髪を二度見したり、毎日変わる中丸くんのあだ名を覚えきれなかったり、聖くんの笑顔と熱いファンサに心がほっこりしたり・・色々あったわー。
でもやっぱり・・( ´艸`)たっちゃんから超笑顔でお手振り貰えたのが一番嬉しかったー。ほんっとに嬉しかったー。嬉し過ぎて「きゃーっ」とも言えなくて、一人下向いてほくそえんでしまったもの!!(←きっしょ!)

別窓 | live・収録・観劇(KAT-TUN) | コメント:2 |
<<時代の最先端は『海賊船』 | 上田さん家の竜也くん備忘録 | 本日の上田さん(7/13 2部)>>
この記事のコメント
くみきぽ様♪
ソロコンでギター、有るかも知れませんねぇ(真顔)サポメン(FiVeであって欲しい!)との掛け合いとかしたら、絶対楽しいと思うんです♪
2008-07-15 Tue 10:58 | URL | 恵理 #B7q/.fmY[ 内容変更] | top↑
恵理ちゃんレポありがとう
もう 仕事の疲れが吹っ飛んでバラダイスらら~ん
読みごたえあって 竜也や皆の様子が、恵理ちゃんのマニアック目線で深く語られてるのが、チョー嬉しい
まるで魂に参加したわたしってもんよ~

お手振りラブリー笑顔貰えてよかったね~

竜也この調子だとソロコンでギター弾いてくれるかも

いっぱいのマニアック竜也愛をありがとう~
2008-07-14 Mon 19:06 | URL | くみきぽ #ax4px7aw[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 上田さん家の竜也くん備忘録 |