FC2ブログ
♪上田竜也くんと愉快な仲間達に関するなんやかんや♪
“Real Face”@Tokyo dome(大ラス)
2006-05-15 Mon 00:00
(5/14)
ハルカナ約束をした夜。ずっと付いてゆく、ユビキリゲンマンです。有難う、おめでとう、これからもどうぞ宜しくね♪(日々加筆中なの~)
ボジっ゛どな゛↓


親友と一塁側の最後列で参加して来ました。いやー、壊れた!泣いた!!いいライブだったね。今のKAT-TUNにはLIVEってコトバがすっごく似合うな。

上田くん、見るからに暴れる気満々。のっけからジャンプしまくり。
そんな上田くん、あっちでもこっちでも裸足に。たっちゃん=裸足、ってイメージ確立したよね。スタッフさん、次から靴要りませんからねー。
上田くんはもう泣き虫じゃないんだもん。ちょっと危なかったけど、たっちゃん的には「感動、感激」より「楽しくて仕方ない」だったんだろうな。
本日の「Sparking」前フリは「love in snow」。心を込めてみんなでユニゾン。今ツアー最後の「みんなサイコー!」たっちゃんもサイコーだよ?
サングラス有り。間奏、はしゃぎ過ぎて軽く崩壊。そんな姿も立派なバンドマン!
過去の上田、「DJOZMAでーす、あっ間違えた、上田竜也でーす」間違えんなー!
R-one KAT-TUNは毎週水曜日夜12時からOA「そうですね、今日ですね」たっちゃんの腹時計では、2006年5月14日は水曜日なんだぞ。
てか亀梨くん、楽屋でロバ丸が勘違いしてたのを見てたなら指摘してやっちくれよ。
仁くんの有難いお言葉集。「お父さんとお母さん何回やりゃいいんだよね?」「シンプルイズバスト」「ちんちん」「人間誰しもついてるもんだよ」・・次のDVDもMCは全面カットだな・・。
京本さん家のご子息様に何かと小汚い台詞を言わせようと目論む腹黒亀梨くん。だめだ子供は素直なんだから!亀梨先輩に悪魔のように囁かれたら全部聖に伝えちゃうじゃないか。
生電話の締めに「頑張ってねたっちゃん」と言われ、自分の存在を全否定された事に寂しさを感じる中丸くん。
明彦のマイクが活きてません(涙)
上田くんが柳葉刀を振り回している。まーた田口くんからパクってきやがったな。コラー中丸くんに斬りつけちゃいけませんよー!
上田くんの母の日のイベント「地元でお母さん祭り」→お神輿担ぐフリ→以上。あ、やっぱ「つきっぱ」なんだ(爆)
それをウケた仁くん?「お母さんフェスティバルー?」段々デカくなるな・・。
ボブサップは亀田聖に対してエラく喧嘩腰。最後の最後にきて遂にガン切れか!?の、ていで・・。
中丸くん落涙。あんなにえぐえぐ泣きながら一所懸命「プレワン」を歌われたらこっちまで号泣だよーっ(>△<)5分間くらい中丸くんのファンになっちった(照)
仁くん、メン紹ダンスで締めにバク宙!やった、スッゲー綺麗に決まったじゃん!!
上田くん、史上最高の崩れっぷりのブサ笑顔が何と2回もLEDに映されました!いや~ん、かーわーいーいー。
そんな上田くん、誰も構ってくれないのですっかり手を後ろに組んでマイクをしまっていたら・・急にフルなよ、中丸くん!
ロクーン・・亀梨くんは新しいユニットを組んだらしい。小首を傾げて仁さんを振り返るが、あまり相手にして貰えず。
中丸くん、初の手タレ仕事on東京ドーム。
そんな中丸くんを、蜂の一刺しで凹ませる小悪魔田口淳之介。ひぃぃぃ。
仁くん締めのご挨拶 I had a precious time with you. see you later, bye-bye違うかな?
仁くんは、原宿で黄色い袋を持ってる明らかにジャニーズショップ帰りの女子に何か苦情でも・・?
中丸くんは、24時間TVのTシャツデザインをする。
24時間TVネタで・・「誰かがドラマに出たり、ね」あ、「誰か」なんだ。全員かと思ってたんですけどぉ。
上田くん、3塁ダグアウト上に飛び乗る。
何時にも増して「ワァ~ン、トゥ~、スリィ~、ゴォ~」とのんびりカウントする上田くん。
ところで「ツキノミチ」のEDだけをオォーーーーー♪と延ばすのは、声量アピールではないとしたら何故だろう??
上田くんは、トロッコで移動中軽くフリーズする。但し、剣を持つと人が変わる。
中丸くんの天パはお父さんの遺伝。
聖くんは、会場にお母さんがいらしてた為仁くんに下ネタを言われるのが嫌だった。
亀田聖は孫悟空ポジションで斗雲に乗る。
両サイドのキャットウォークの壁に、セットリストが流れる演出にはグッときるが、速過ぎて若干置いていかれ気味。
東京ドームの天井が白いのは、レーザー光線の「with you」を綺麗に映す為なのだ。
MC中、必死に上田くんに語りかける仁さん。
田口くん、ご挨拶したいのにどうしてもコトバが出てこない。何だかね・・心がホンワカしちゃったよ。
牧野くんのパワードラム、やっぱいいなー。親友は一音聞いた瞬間「この子上手いね」と賛辞を贈ってました。
「後楽園で僕と握手」スミマセン中丸さん、その台詞には過敏反応示します。
下手(より正確にはレフト寄り)で一人勝手に盛り上がるボブサップ。
レールの上を超高速で走るカメラ、ツェッペリン号並みにブロローンと飛んでるカメラ、とこれまで色んな撮影機材を見て来たが、あんな鳥さんみたいのは・・多分初見だわ。映像業界も日進月歩なのね?
てか、これでもかという量の特効にもビクともしない私って・・いい加減バンドずれし過ぎですね。
仁さん、「will be allright」ド頭出トチリ。う、うん・・ムズいよね、あの曲。
KAT-TUNの「-」(ハイフン)は田口と田中を結ぶ線なのだ。
そして、ロバ丸はヌー。
こんな時に限ってT-T愛の2ショットのセンターにガッツリ映り込んでしまうロバちゃま。完全に「おじゃマムシ」状態でLEDにぬかれているのも気付かずぽ~としてるなんて、55,000人を前にリラックスし過ぎだよーっ(`∀´)
別窓 | live・収録・観劇(KAT-TUN) | コメント:0 |
<<こだわりのスネオの音。 | 上田さん家の竜也くん備忘録 | “Real Face”@Tokyo dome(ラス前)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 上田さん家の竜也くん備忘録 |